サラリーマンが会社にバレずに副業するには

サラリーマンがほかからの収入を得たいと考えるときに、「アルバイト」は除外しますよね。

近くの個人商店で手渡ししてくれるようなところや日払いといったところであればいいのですが、きちんと源泉徴収するような企業でアルバイトをすると、あるバウト先の給与支払い申告で、たちまち会社にアルバイトがバレてしまったりします。

就業規則に社員のアルバイトへの制限がなければいいのですが、結構「自由」というところはありません。

憲法との兼ね合いで「禁止」ということは出来ませんが、「原則禁止」に「例外」が付いてくるという感じです。

会社は社員の副業を歓迎してはいません。

そういったことにまで配慮してくれるアルバイト先など、余程の関係性がなければありえませんよね。

そういったことから、ネット副業などが人気になります。

しかしネット副業も、副業です。

会社に許可を得たほうが安全です。

内緒にしていてバレてしまったときには、何らかのペナルティが課せられてしまいます。

「退職させられる」というところまではなかなかならないようですが、お互い気まずいですよね。

確定申告を行うときに副業に関する税金は自分で支払うということを選択すると、会社にはほぼバレません。

それでもバレているときは、もしかすると自分だ誰かの話をしてしまっているのかもしれません。

バレるはずがない副業がバレているときは、大概自分が同僚に話してしまったりしています。

その同僚に悪意がなかったにしても、口から口に何かの折に伝わってゆく時、最終的に「悪意がある人」にも伝わってしまっているかもしれません。

そういう事が原因のことがほとんどですので、内緒にすると決めたときには、誰にも言わないという姿勢が大切です。

といっても、どこで口をすべらせるかわかりませんから、キィかを取り付けておいたほうが安全なのです。

近頃ではネットで稼いでしまうことには、どの会社も寛大な傾向にあります。

ブログやサイトで自分がそこまで期待していなかったのにもかかわらず、収入を得てしまった人だって世の中にはいますよね。

そういう人まで処分対象にするのか?じゃサイトやブログをやめろというのか?ということになってしまいますよね。

それは理不尽です。

会社もそこまで拘束することは出来ません。

また年間20万を超えない収入であれば、サラリーマンは申告しなくていいことになっています。

20万円を超えなければ、ほかから収入を得ることが禁止の就業規則の会社でも、バレることはないと考えていいでしょう。